品の良さは旅館の女将から学べ!ギャルがみつけるべき本当の恋

Posted by in 恋愛

ギャルは日本で最も勢いがある人だと言われます。

ギャルグループは学校でもスクールカーストの上位に位置し、成績は良くないものの先生から極端に嫌われることはありません。

むしろそのノリの良さで学園祭や体育祭といった行事で張り切ることも多く、そのギャップで先生に好印象を与えられる場合もあるのです。

さらに、街に出れば怖いものなしで闊歩し、周囲には常に男を伴っているのです。

しかし、その勢いは若いうちしか通用しません。

学校を卒業する年齢になり、社会に出るとほとんどの仲間が髪を黒く戻してあたかも清楚な生き方をしてきた真面目女子だというように振る舞うのです。

それは本心ではなく社会に適合するための手段ですが、これまで歩んできた道をあっさりと捨てていることは間違いありません。

また、ショップ店員などの一部の職業ではギャル系のままでも勤めることができますが、それも20代後半から30歳になれば周囲の視線が痛々しくなります。

そんなギャルは、恋愛についても行き当たりばったりの恋愛をしています。

自分と同じ嗜好を持つ男を恋愛相手に選んでいるため、将来性がないのです。

若い頃は肉体労働で稼いでくれますが、年をとれば収入が下がり苦しい生活を強いられます。

そんなことにならないためには、品の良さを持ちそのことを評価してくれる育ちの良い男性を探すことが大切です。

育ちの良い男性に見初められる女性にためには、旅館の女将を見習うことが役立ちます。

旅館の女将は品の良さをはじめとして女性らしい心遣いができ、男性が恋愛対象の女性に求めるものを持っているのです。


たとえば、旅館を訪れるお客様に対しては、必ず女将が出迎えます。

これは責任者である女将自身が出迎えることでお客様に安心感を持ってもらいたいという心遣いなのです。

そのときの挨拶の言葉遣いや振る舞いには気品が感じられ、全ての女性が憧れるほどの品の良さがあります。

また、お客様の前に出ないときも、女将は旅館の従業員をまとめる重大な仕事を担っています。

仲居さんや料理人、さらに番頭とのコミュニケーションを欠かすことなく行い、士気を向上させています。

旅館の業務は非常に多忙ですが、従業員は女将を慕っているため手を休めることなく旅館と女将のために働くことができるのです。

これも女将が持ちうる人徳だと言えます。

ギャルは勢いだけで人生を過ごしてきた人たちです。

そのため本当の恋を見つけるための基盤がありませんが、旅館の女将から学ぶことで品の良さをはじめとする恋愛に必要な要素を身に付けられるのです。