20代男子の本音!女子高生がすべき恋愛活動について

Posted by in 恋愛

女性が人生の中で特に男性から魅力的だと感じられる瞬間が高校生です。

「女子高生(JK)」は一種のブランドになっているほどで、女子高生という限られた年齢の時期だけ魅力度が大幅にアップします。

故に、この時期にしっかりとした恋愛の訓練を積んでおくことが、将来的に成人してから恋愛をするうえでとても重要な意味を持ちます。

JKが恋愛の対象とする相手は非常に幅広く、同級生や年下(中学生)などはもちろんのこと、大学生~成人までもが恋愛対象となります。

中には、中年男性と交際をするJKもいますが、おおむね20代までの男性が対象となることが多いです。

ということは、成人男性から見ても十分に魅力的だと感じてもらえる人間性を磨くことや、それなりの恋愛観を養っておくことも必要になるということです。

JKの彼女を持っている20代男性から見て、「十分に魅力的な女性だ」と評価してもらえるかどうかは、この時期にしっかりとした感覚を養うことができるかどうかがポイントです。

つまり、男性の本音を知っておくことが大切で、そうすることによってそれ以降にも活用できるだけの経験を積むことができます。

JKを彼女にしている男性の認識としては、大きく分けると二通りのパターンがあります。

一つは「子どもらしさを評価している場合」で、JKがJKらしく振る舞っていること自体に魅力を感じています。

言ってみれば「妹」に対する愛情のような感じになってしまいますが、放っておけないと感じさせる魅力を持っているということです。

もう一つは、「年齢以上に成熟した大人らしさ」にギャップや魅力を感じている場合です。

JKというと一般的にはまだまだ未熟な年齢と認識されていますが、十分に成熟した心と体を持っている人も少なからずいます。

良く言えば「大人っぽい」と感じるJKに対して同等の目線で魅力を感じていることが理由です。

ただ、いずれにしてもこの時期に「恋愛とは何か」「結婚とは何か」をしっかりと考えておくことが大切です。

それぞれは似ている様でまったく違う要素が重要になるということを実感していると、結婚適齢期にしっかりとチャンスを掴み取れる可能性が高くなります。

また、年上の男性との恋愛経験を積んでおくことによって、いずれ同じ年代になったときに周囲の男性をしっかりと評価する力を養うことができます。

ただ、「JKらしい素直さ」を存分に出すことも大切なので、あまり背伸びをし過ぎないように心がけることも必要です。