バーテンダーが語る!一人飲みする女性への恋愛アドバイス

Posted by in 恋愛

私はこれまでホテルのバーや町中のショットバー、オーセンティックバーでバーテンダーを務めた経験があり、仕事柄お客様の恋愛事情も数多く見てきました。

バーはお酒を楽しむ場所であると同時に出会いの場でもあり、バーから恋が始まることも珍しくないのです。

これまでの経験から一人のみをしている女性は出会いを求めていることが多いですが、恋愛に発展することはめったにありません。

バーテンダーの視点から見ると、その理由が分かります。

まず、カフェバーやダイニングバーで一人のみをしている女性はまずいません。

そういったバーはお酒を楽しむというよりグループでの食事や歓談を楽しむための場所だからです。

しかし、ショットバーやオーセンティックバーは純粋にお酒を楽しむために訪れる人が多く、なかには女性が一人で訪れることもあります。

私の経験からすると、一人でショットバーやオーセンティックバーを訪れる女性は出会いを求めていることが多いのです。

しかし、バーには男性客の方が多く、女性自身も出会いを求めているにもかかわらず男性が女性に声を掛けることは少ないのです。

なぜなら、一人のみしている女性は話しかけづらいオーラをまとっているからです。

一人でバーを訪れる女性は自立している女性であることがほとんどで、女性自身はお酒を楽しみながら出会いがあればラッキーという気持ちでいるものの、男性からすると本当にお酒を楽しむためだけにその場にいるのだと考えてしまうのです。

仮に話しかけたとしても冷たくあしらわれ、気まずい思いをすることは目に見えているのです。

ここに、女性側と男性側のミスマッチがあります。

そこで、バーでの出会いから恋愛関係に発展させたいと考えている女性にはいくつかのアドバイスができます。


まず、話しかけづらい雰囲気を醸し出さないように努力しましょう。

バーにいるときはつい気取ってしまいがちですが、それでは男性が躊躇してしまいます。

お酒を飲むだけではなくバーテンダーに話しかけて雑談をしたり、小説や雑誌などを読んで時間に余裕があることを周囲にアピールするのです。

すると周囲の男性も話しかけやすい雰囲気になります。

また、自分から男性に声を掛けるのも良い方法です。

バーでの過ごし方を教えてもらったり、お酒についての話で盛り上がるのは恋愛につながる良い方法です。

もし話しかけた相手が紳士的ではなく、しつこく言い寄られるようであれば、バーテンダーから注意をさせていただくので安心なのです。